ウサギを飼ってみよう!

ウサギの飼い方を知る前にまずウサギを飼うという心構えから学ぶ必要があります。犬や猫と違いウサギは非常にデリケートな動物です。また野生に近いためそれらの動物より飼い方には注意が必要になります。

ウサギを飼ってみよう!(つづき)

しかし日本の家屋には非常に適している動物でもあります。ウサギは大人になってもそれほど大きくはならないですし動きもそれほど機敏ではないので狭いアパートなんかでも十分に飼育できるのです。

飼い方の心構えのチェック項目としては動物アレルギーの方が家族に居ないか、住環境が整っているか、費用は十分に出せるか、衛生管理がきちんとできるかなどが挙げられます。

これらのどれが欠けていてもウサギをずっと飼っていくというのは難しくなります。家族で飼うにしても一人で飼うにしても十分に話し合いをしましょう。

ウサギはとても愛らしく飼い方としても犬猫ほど難しくないので飼いたいという方はたくさんいます。子供が欲しがったからといって安易に購入し結局面倒が見られなくなって捨てたという事実もあります。

そうして捨てられた動物は野良となり他人の家で悪さをしたり行く行くは保健所に連れて行かれ処分されるということもあります。

そういったかわいそうな動物を増やさないためにも飼い方をしっかりと熟知して愛情を持って育てていくことが大切なのです。

動物愛護法では世話を怠ったり途中で放棄したり虐待したりすると法によって罰せられることになっています。ウサギも人間と同じように命あるものだということを忘れないようにしましょう。

ウサギ購入から飼育までの流れ

ウサギの飼い方の基本として入手方法があります。入手経路は色々とあるので自分に合った方法で入手しましょう。

まず一番簡単なのがペットショップで入手するということです。ペットショップは行けば現物のウサギを見ることが出来ますし健康状態もチェックできます。一般的にもこの方法が一番多いでしょう。

次にブリーダーから入手する方法です。ウサギのブリーダーの方も結構増えてきているのでこちらもお勧め出来ます。ブリーダーからだと信頼もありますしペットショップより安価に手に入れることも出来ます。また飼い方を詳しく聞くことも出来るので安心かも知れません。

ウサギ

しかし遠くのブリーダーの場合には病気を持っていることが後で発覚した場合や緊急で何かを聞きたい時には聞けないというデメリットもあります。

最近多いのがインターネットを使ってウサギを購入するという方法です。種類も豊富なので自分の好きな種類のウサギを入手することが出来ます。また非常に安価なのも魅力的でしょう。一緒にケージやおもちゃなんかも手に入れることが出来ます。

ですがインターネットでは健康状態が悪かったり先天性の病気を持っていてもすぐに分からなかったり事故も多いので気をつけたいものです。

出来れば自分の目で見て触ってからウサギを購入出来る方法がお勧め出来ます。

購入の際にはしっかりと飼い方や注意点なんかも聞いておきましょう。子供が飼いたいと言った場合でも結局は親が見ることになります。子供にも聞かせなければなりませんが任せすぎずに自分もしっかりと聞いておきましょう。


Copyright ウサギの飼い方完全ガイド All rights reserved.

privacy