ウサギの年齢と寿命

ウサギの年齢ですが1か月で人間で言うと2歳になります。生後半年では13歳になり1年で成人するのです。つまりウサギの飼い方で特に気をつけたいのは半年くらいまでです。この時期は病気や怪我などにも十分に注意しなくてはなりません。

ウサギの年齢と寿命(つづき)

最近の住環境やエサの質によってウサギの寿命はどんどんと伸びてきています。また飼い方によっては寿命より伸びることもあるでしょうし短くなることもあるでしょう。

一般的にウサギの寿命は4〜5年と言われています。人間で言うと46歳くらいです。 しかし最高齢で15年というものもいます。

これは人間では100歳以上になるので大往生ですよね。ウサギにとってもとても良い環境だったのでしょう。

アメリカのカイウサギ協会では去勢されたウサギでは8年〜12年生きるとされています。去勢のあるなしは寿命というよりは病気にかかる確率に関係してくると思います。

この平均寿命は計算式によって求めることが出来ますが多くはペットとして飼っている方の統計によるものです。その統計でも分かるようにやはり飼い方や住環境が大きく関係しています。

ウサギの寿命は飼い方と非常に密接な関係を持っています。飼い方が粗悪であれば寿命は短くなりますし生きている間もウサギにとって可哀想な生活になるでしょう。

飼い主さんは飼った責任として飼い方をきちんと学び寿命を全うさせてあげなければならないのです。ウサギを家族の一員として可愛がってあげましょう。


Copyright ウサギの飼い方完全ガイド All rights reserved.

privacy